小柳ゆきの現在!!歌手活動・グラビアなど(動画あり)

スポンサードリンク

小柳ゆきとは

1982年1月26日(33歳)
出身地 埼玉県
学歴 埼玉県立上尾高等学校卒
職業 歌手
活動期間 1999年~
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
(1999年 – 2007年)
NAYUTAWAVE RECORDS(2008年 – 2014年)
EMI Records(2014年)
Prime Music(2015年 -)
事務所:バーニングプロダクション

*画像出典:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRpenLbLFFyndcysGFNyB6Fl8cV9a3ljYgObbM20YG45AVtyM-4


さいたま市立日進中学校ではなんと剣道部に所属!ソウルフルで心に響く発声の基礎はここで鍛えられたという。(めんー!どうーー!と発声するため)
1994年、わずか12歳の時にコロムビア歌謡曲新人歌手オーディションに出る。大黒摩季の『永遠の夢に向かって』を歌い、全国決勝大会にまで勝ち進んだが優勝は出来なかった。

実績が評価されて音楽事務所からデビューの誘いを受けるが、学校の部活動に没頭していた事もあって、一度はデビューの誘いを断った。しかし1997年に再びデビューの誘いを受けると、今度はその誘いを受け入れ歌手デビューに向けて一歩踏み出した。高校に通いながら、約1年間に渡ってボーカルレッスンとデモテープ作りを積み重ねる。
オーディションを経て、1999年にシングル「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」でワーナーミュージック・ジャパンからデビュー。45週連続チャートインするというロングヒットを記録した。
2000年に埼玉県立上尾高等学校の全日制を卒業するとすぐに東京都内に転居。同年、シングル「愛情/can’t hold me back」、「be alive」が大ヒット。

2ndオリジナルアルバム『EXPANSION』はミリオンセラーとなった。また、海外の曲をカバーしたアルバム『KOYANAGI the COVERS PRODUCT 1』も好セールスを記録した。同年、日本有線大賞受賞。「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」でNHK紅白歌合戦初出場を果たした。
2001年、第52回紅白歌合戦「remain〜心の鍵」で2年連続出場。
2002年、第53回紅白歌合戦「Lovin’ you」で3年連続の出場を果たす。
2005年1月に渡英し、ロンドンで4ヶ月間過ごす。4月、シングル『最後に記憶を消して』をリリースするが、オリコンチャートの最高位は100位であった。10月7日に「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2005」に出演。11月に発売予定の新曲が二転三転し、無期延期となった。なお、この曲が翌年発売された「Fair Wind」ではないかと言われている。
2006年5月10日、シングル「Fair Wind」をリリースし9月にはZEPP TOKYO、なんばHatchで3年ぶりとなる単独ライブツアーを開催。10月11日にリリースされたシングル「誓い」では、ジャケットでセミヌードを披露した。
2007年3月24日には、日本テレビのミリオンヒットライブ2007に出演し、久々にゴールデンタイムに顔を見せた。この時に、左の二の腕に十字架のタトゥーを入れていた事が確認出来ている。

(芸能関係者より)「高校生のうちから大ブレイクした小柳は、周囲がドン引くほどのテング状態になったらしい。

ツアーなどで宿泊するホテルは絶対に「スイートルーム」お気に入りのミネラルウォーターがないとマネジャーを怒鳴りつけるなど、かなりの問題児になっていたようです。

小柳は”芸能界のドン”が率いるバーニングプロダクションの所属ですが、同事務所すらも扱いに困るようになったと業界内の悪評も高まったため、お灸をすえる意味で仕事が減らされ、プロモーションの予算も削られた。そうやって干されてしまったのが、一時的に『消えた』真相です」

とのことだが、テレビでは謙虚な姿と小柄な体から繰り出される心に響く声は、まさに”大物”と呼ぶにふさわしい存在だったのは間違いない。


スポンサードリンク

稲垣潤一 & 小柳ゆき – 悲しみがとまらない

*出典:YouTube

干されてからのその後。小柳の現在に迫る!

*画像出典:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSqiBqOUoY-HHUyqyJ6HVtZusldr4LLn2JnsVQqRVdz5VBVn05u

2008年2月20日発売のYuki-K名義の「Rehab – 女神たちの休息 – / Listen」(エイミー・ワインハウスとビヨンセを日本語カバーした企画シングル)より、NAYUTAWAVE RECORDS(ユニバーサルミュージック内)へ移籍。移籍第1弾となるシングル「we can go anywhere」のプロモーションで「笑っていいとも!」(フジテレビ)に出演。その2週間後に、「稲垣潤一&小柳ゆき」名義で杏里の“悲しみがとまらない”をデュエットでカバーしたシングルをリリース。
2010年、7月24日に赤坂BLITZで、8月8日はなんばHatchにおいてライブが行われた(単独ライブとしては4年ぶり)。また、7月21日には浜離宮朝日ホールにおいてアコースティックライブ「プレミアム・ミーツ・プレミアム2010」が行われた。10月10日に放送された音楽特番「グッとくる歌謡祭」(ABC)で久々にテレビ出演をした。

*画像出典:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcROTxhPEFe5aXWaqPni3CuA6zwDjwCT9JIxPIXXbM1QPt1FMusxSw


2012年1月26日、自身の誕生日にカーネギー・ホールでライブを行った。
「干されたことで小柳は態度をあらためるようになり、どんな仕事でも事務所に振られれば受けるようになった。これが傍目からは『迷走』に映ってしまっているのでしょう。野生的な顔立ちが印象的だった小柳ですが、確かに復活後はスッキリした印象になりました。それが整形であるとは断言できませんが、自信過剰だった彼女が謙虚になり、自分の見た目を気にするようになった結果なのでしょう」(関係者 談)

*画像出典:http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ABn7Lnz6L.jpg

2013年にリリースしたアルバム「One in a million / return to you Single, Maxi」もオリコン152位と結果は散々。

しかし、曲そのものは売れてもおかしくないような構成で歌声は素晴らしい!ここ最近の音楽の流行がゴスペルは廃れつつあるため、流れに乗っていれば確実にヒットするような作品だった。

また、レコード会社にも責任はないとは言えない。逆に言えば小柳ゆきがレコード会社を間違えたという落ち度も否定できない。

次のページではセミ〇ードや歌番組などに出ている最近の小柳ゆきに迫る!


スポンサードリンク