小倉一郎の現在!大御所俳優は、まさかの俳人!

昭和の名俳優と言ったら石原裕次郎や梅宮辰夫などをイメージする人も多いでしょうが、演技力で有名な俳優さんと言えば「小倉一郎」と答える方も多いのではないでしょうか。

現在ではあまりテレビで見かけませんが、今の50歳以上の方はほとんどが知っている大物俳優です。
今回は俳優・小倉一郎が現在どのような活動をしているのか、リサーチしました。

スポンサードリンク

50年以上の俳優キャリアを持つ大御所・小倉一郎

*出典:大判社

東京児童劇団という演劇の団体に所属していた幼少期。
デビューはなんと9歳のとき。

現在まで50年以上のキャリアを誇る俳優の小倉一郎ですが、東京の劇団員だったのに鹿児島出身ということで有名ですね。(薩摩川内市の観光大使になったため)

1951年10月29日生まれ。

家族は次々に不幸が訪れ、悲しい過去を持っています。

生まれてすぐに(1週間で)母親を亡くしてしまいます。

兄が二人(双子)いたのですが、小倉一郎が2歳の時に船着き場で溺れて他界。

さらに、小倉一郎が16歳の時に姉が若くして脳腫瘍になり他界。

肺結核を患っていた父は、入退院を繰り返していながらも交通事故で他界。

ここまで家族が次々に亡くなるなんて、小倉一郎は悲しみで明け暮れた少年時代を送ったようです。

ちなみに、小学生になると東京に父親の仕事の関係で引っ越しました。

鹿児島出身ですが、育ちはほとんど東京。

父親も肺結核を患っていたため、父親の姉である叔母が小倉一郎を育てました。

青年期になるとテレビや映画で活躍するようになりました。

そうして、叔母に育てられながらも、始めのうちはエキストラで役者としての実力を積み、現在まで50年以上のキャリアを積み上げることになります。

小倉一郎の映画やドラマでの活躍

50年のキャリアは伊達じゃありません。
これまでなんと100本近くの映画に出演!!!

しかも、脇役やエキストラでなく、ちゃんとセリフも用意された役ばかり。

有名な作品と作品公開日をまとめてみました。

敗れざる者(1964年)
青春の海(1967年)
性犯罪法入門(1969年)
高校生番長(1970年)
股旅(1973年)
仁義なき戦い 頂上作戦(1974年)
吾輩は猫である(1975年)声役
トラック野郎・望郷一番星(1976年)
総長の首(1979年)
ヒポクラテスたち(1980年)
炎のごとく(1981年)
大日本帝国(1982年)
天城越え(1983年)
メイン・テーマ(1984年)
瀬降り物語(1985年)
愛の陽炎(1986年)
化身(1986年)
風のあるぺじお(1987年)
死線を越えて 賀川豊彦物語(1988年)
もうひとつの原宿物語(1990年)
寝盗られ宗介(1992年)
紅蓮華(1993年)
写楽(1995年)
ソクラテス(1996年)
バブルと寝た女たち(1998年)
原野の子ら(1999年)
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY(2000年)
十七歳(2002年)
いつかA列車に乗って(2003年)
デビルマン(2004年)
四日間の奇蹟(2005年)
筆子・その愛 -天使のピアノ-(2006年)
五重塔(2007年)
URAHARA(2008年)
斜陽(2009年)
キャタピラー(2010年)
大鹿村騒動記(2011年)
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち(2012年)
そして父になる(2013年)
ヨシナカ伝説 義仲穴(2014年)
海街diary(2015年)

現在はほとんど映画などには出なくなりましたが、1964年の映画デビューから毎年のように映画に出演していた小倉一郎。

ここまでの俳優さんって他に誰かいるでしょうか・・・・

主役級は少ないですが、主人公の父親など、重要な役を最近でもこなしているのはやはり実力と知名度があるからかと思います。

ドラマやCMでも活躍していた

映画も100本近く出ていますが、ドラマもものすごい数に出演しています。

「家なき子」や「暴れん坊将軍」、「火垂るの墓」などに小倉一郎が出演していたのは現在でも記憶に新しいですね。

CMも以前はいくつか出演していました。

たとえば、こういうの。

*出典:Youtube

貧弱な体に見えますが、右の方がゴツいだけかも。

小倉一郎と言えばこんな感じの弱弱しい演出が特徴的でした。

歳を重ねると、弱々しいというよりも「定年を迎えたお父さん」というようなイメージの役柄が多くなっている印象ですね。

バラエティ番組などはあまり出演しておらず、演技力だけで勝負していたホンモノの実力派・俳優というイメージが強いです。

ちなみに、ドラマ、映画、CMなど全ての作品に出演した本数は500を超えています。

まさに、日本一の俳優と言ってもいいかもしれません。


スポンサードリンク

現在まで3度の離婚と4度の結婚を繰り返す

1973年、22歳の時に女優の海野まさみさんと結婚

1973年、海野まさみさんと離婚(結婚生活は約2か月半)

1977年、のちの東村山市議会議員・小倉昌子さんと結婚(4人の子宝に恵まれる)

1999年、小倉昌子さんと離婚(結婚生活は約22年)

2006年、元アイドルの谷ちえ子さんと結婚

2015年、谷ちえ子さんと離婚(3年の別居生活を含めて結婚生活は約9年)

2017年、初恋の女性(一般人)と結婚

現在はこの女性と仲良く暮らしているそうです。

この初恋の一般人女性の情報は一切出ていませんが、小倉一郎も今の奥さんも60歳を超えてからの結婚となりました。

現在は俳優・小倉一郎から俳人・小倉一郎

幼少期に養母(叔母)になけなしのお金で買ってもらったギターを大切にしていたこともあり、ギターや作曲などを得意とする小倉一郎ですが、現在は俳人としても活躍しています。

2002年には「俳だらけ 小倉一郎句集」という書籍を出版していて、俳優としてバリバリ活躍していたころから俳人としての評価は高かったそうです。


スポンサードリンク

現在はNHKの「ひるまえ ほっと」という番組で俳人として俳句の良さを伝えています。

*出典:Youtube

小倉一郎は30:30あたりから始まる「ひるまえ俳句茶房」というコーナーで登場します。

以前よりお年を召した感じはしますが、まだまだお若いですよね。

俳優としての活動は現在はほとんどなくなってしまいましたが、

同じように評価が高い俳人としての活動が現在の小倉一郎の活躍。

今後も初恋の相手である奥様と一緒に健康で幸せな家庭を築きながら、歴史に残るような素晴らしい一句を作ってほしいですね。