千葉麗子、今は右翼活動!?かつての電脳アイドルの衝撃の現在

かつてアイドル・女優として活躍した千葉麗子。

16歳で芸能界デビューした遅咲きの女優ですが、ひとつ屋根の下などの超人気ドラマでも活躍し、20歳になる頃には芸能界を引退しました。

今回は、たった数年の芸能生活で未だに知名度も高い千葉麗子の現在を調査しました。

スポンサードリンク

千葉麗子の芸能界デビュー

1975年1月8日、大阪生まれ。

生まれは大阪の天王寺区ですが、父親が福島市の職員に採用されたため、高校2年生まで福島市で育ちました。

高校の頃に、アイドルになったため上京。東京都立代々木高校に編入し、卒業しています。

*画像出典:アサ芸プラス

両親からのDV(家庭内暴力)がきっかけでアイドルを目指して上京しましたが、高校在学中に見事、16歳にして芸能界デビュー。

1991年、アイドルグループ「オーロラ5人娘」で活躍。(実際はパチンコ機「フィーバーガールズ」のイメージキャラクターとして結成されたアイドルグループらしい)

*出典:Youtube

このパチンコ機のイメージキャラクターで形成されたアイドルグループの一員だったということですね。

名機らしいですけど、動画でだけではあまり面白さがわからないです。

翌年の1992年には、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」で役者としてデビュー。
それをきっかけに、すごい勢いで売れ始めます。

1993年に、大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」で出演すると、日本中が知る芸能人になり「チバレイ」の愛称でたちまち人気者になりました。

*出典:Youtube

その他にも、「南くんの恋人」などの人気ドラマ、大正製薬などの大企業のCMなど、多くの出演歴を持っています。

さらに、所属していた事務所にあったマックのデスクトップパソコンを触ったことがきっかけでパソコンに詳しくなり、「電脳アイドル」と呼ばれ、パソコン系の雑誌に載るなどいろんな活躍を見せました。

1991年にデビューして、翌年には戦隊モノの番組に出演し、その翌年には国民的なドラマに出演。どう見ても成功者ですが、なんと1995年、デビューして5年も経たないうちに20歳の時に芸能界を引退してしまいました。

千葉麗子の芸能界引退とその後

パソコンの専門誌に出るほどパソコンに詳しかった千葉麗子は、1995年に芸能界を引退してなんとゲーム会社に就職してしまいます。

そのゲーム会社で半年ほど勤務すると、今度は自身のIT系企業を設立しました。

社名はチェリーベイブ。

現在も千葉麗子が代表取締役を務める会社です。(後述)

1998年にはサウンドクリエイターのDJ KIRIJAと結婚。次の年には長男も誕生し、さらに出産と育児を機に始めたヨガはその後、インストラクターの資格を習得するまでに。
芸能界でも簡単に成功した千葉麗子は、芸能界を引退した後も仕事もプライベートも成功を収めていきます。

しかし、そのすべての成功も長くは続くわけではありませんでした。

KIRIJA氏と離婚、反原発活動、ヌード写真・・・

*出典:アマゾン

2002年にヨガインストラクターの資格を取った千葉麗子ですが、その名声を生かしてテレビ番組でヨガの講師として出演するようになります。

チバレイの経営するチェリーベイブは、IT企業だったのですが、社長の千葉がヨガをやっているため事業内容にヨガのレッスンを追加。
ヨガのインストラクター事業とIT企業の側面を持つ、珍しい企業になります。

ヨガのインストラクターとして、NHKなどでも番組にレギュラーで呼ばれるようになるなど、再び表舞台に顔を出し始めましたが、このころはチェリーベイブのIT部門が調子が悪かったとの噂です。

そして、2010年には週刊誌などでセミヌードを公開。(2013年にはヌードを公開しています)

写真集「WITHIN」では『あのチバレイが…!』という見出しがついてしまうほど、過激な写真が掲載されました。


スポンサードリンク

相当なギャラが動いたと思いますが、本当の狙いは名前を世間にだして、本業のチェリーベイブの売り上げに直結させることだったのでしょう。

その効果もあってか、チェリーベイブは設立20年以上経っている現在も、会社は存続されているどころか、事業は以前より大きくなっています。

2011年、DJ KIRIJA氏とは離婚。

原因は定かになっておりませんが、千葉麗子の執筆した本でダウン症の息子さんを二人で育てていたり、会社も経営していたりなど、通常では考えられない苦労があったのかと思います。

KIRIJA氏が仕事をしなかったのが原因だそうですが、さすがにそれだけではないでしょうから、世間から華麗に見えてもいろいろな苦労があったはずです。

時を同じくして、東日本大震災がありましたが、故郷を思って福島市出身の千葉麗子は、反原発活動に精を出すようになりました。

「故郷では国が認可した原発が大事故になって、帰れない人がたくさんいる」という事実にいてもたっても居られなかったようです。

当時、反原発活動をすることはとても勇気のいることでした。

特に千葉麗子のような知名度が高い有名人は、電力関連の会社を敵に回してしまうからです。

実際に、山本太郎や石田純一など、原発事故の前と後ではテレビ出演数が丸っきし減った有名人は多くいます。

原発の是非は個々の哲学や思想に任せるとして、千葉麗子は地元も人たちを思って反原発活動を行ったのです。

しかし、反原発活動を行いながら、自分の本当の思想とは違うことに気づき、反原発活動家たちを敬遠し始めます。

反原発活動で見た真実。反原発から反パヨクに。

*出典:amazon

チェリーベイブ設立当初から、著書はたくさん執筆していました。

結構文才もあって、著者としてもそこそこ評価されていましたが、反原発活動を通じて、反原発活動家の一部を「パヨク」と偏見を持つようになり執筆したのがこれ。

さよならパヨクは、千葉が反原発活動をしている時に自身が「パヨク」と偏見される立場にいることに気づき、また、その仲間の思想が間違えたものだという認識を持つようになって執筆された著書です。

何かがあったのでしょうが、ネットでは千葉麗子とその相手となっているパヨクと呼ばれる人たちの争いが繰り広げられていたそうです。

現在もYoutubeには千葉麗子の近い人物だったと思われる人間が撮影した動画があがっています。

*出典:Youtube

反原発活動を行っていながら、骨肉の争いになってしまい、ネット上で中傷された千葉麗子が気の毒ではありますが、やはり有名人はネットでのエゴサーチはやめた方がいいですね。

出版した「さよならパヨク」や「くたばれパヨク」がタイトルから既に過激すぎて、蚊帳の外から見るとお互いに過激派に見えちゃいます。

反原発を大々的に公表した千葉麗子ですが、2014年には右翼団体の街宣活動に参加していることもツイッターなどで公表しています。(右翼は一般的に原発推進派が多い)

そして、左翼団体に対して抗議を行っていたり、とにかく右翼団体の一員という感じになっています。

もちろん、思想を持って法律に反しない行動をとることは自由ですが、あまりに過激になり過ぎているので、よほど左翼と呼ばれる人たちに恨みがあるのでしょう。

しかし、「くたばれパヨク」はベストセラー1位に輝いたこともあり、サイン会が危険と言うことで中止になりましたが、ここまでして活動しなければならない理由でもあるのでしょうか・・・

現在の千葉麗子

現在の千葉麗子は前述のとおり、ヨガのインストラクターとしてチェリーベイブの代表取締役社長が職業。

もう20年以上も会社を経営させるなんてすごいことです。企業の倒産平均年齢は23年らしいので、もう立派な社長ですね。

ブログにはヨガのことなどがたくさん書かれています。

千葉麗子のブログ

ツイッターを覗いてみると、凄く過激な内容が多くてびっくりしました。
「旭日旗」とか「しばき隊」とか「サヨク」などという言葉で埋め尽くされています。

完全に過激派となっているような感じも受けますが、たまに掲載している千葉麗子自身のご尊顔を拝見する限り、今現在も美貌はキープしていますね。

ヨガの先生だけあって、スタイルも素晴らしいし、2012年に再婚しているそうですが、まだまだモテるでしょう。

今後は過激な発言を控えめにして、もっといろんなシーンで活躍してほしいですね。

政治的な発言も多くみられます。
政治家になるのであれば、身辺を綺麗にして選挙にチャレンジしたら余裕で当選するでしょう。美人だし。

今後も何かと注目を浴びそうな人ですので、何か大きなことがあったら記事を更新します。


スポンサードリンク