リア・ディゾン、グラビア界の黒船の意外な現在

スポンサードリンク

グラビアアイドルとして日本でデビューしたリア・ディゾンを覚えていますか?
生粋の外国人でグラビアアイドルってなかなかいないと思うのですが、デビューに至るまでの経緯と、そして今現在のリアディゾンを徹底的に追ってみました。

日本にあこがれていたラスベガス時代のリアディゾン

*出典:Pictas

中学生の頃に日本に1人で来たことがあるほど日本の文化にのめりこんでいたリアディゾン。

きっかけはやはり、ゲームとアニメだそうですが、日本で流行っていた曲も歌えたり、高校の外国語では日本語を選択して学んでいました。

1986年生まれ。

フィリピン人とアメリカ人のハーフですが、フィリピンと言っても中国系らしく、アジアに興味を持つようになったのもそういった血筋だったからだそうです。

高校を卒業すると、金銭的な理由で大学には行けなかったので、ラスベガスに移住して1人でアルバイトをしながら生活しはじめます。

*出典:みんカラ – Carview

下着のモデルやレンタルビデオ店でバイトしたり、郵便局でも働いたこともあるそう。あとは、車の雑誌のモデル撮影など。

ロサンゼルス時代は会員制のグラビア撮影でお金をもらっていたのですが、あまりに露出が激しくて嫌になっていたころに、自分でホームページを開設しました。

すると、アジアからのアクセスが爆発。

セーラー服姿ですからね。アジア人はセーラー服に弱いので。

これが日本で最初に有名になったきっかけでした。

そのあとは、なんと、自分自身で日本のプロダクションにアプローチして日本でデビューすることになります。

2006年、黒船来航。グラビアとモデルで人気爆発

*出典:ヤフオク!

2006年の春に来日して、2カ月後にグラビアで表紙を飾るというスピーディな展開。

画像は2007年のヤングジャンプの表紙ですが、デビュー後すぐに表紙を飾るなんて、異例中の異例です。

ちなみに、2005年から2000年代後半は佐々木希など今や一流芸能人となっているアイドルが豊作だったそうですよ。

雑誌の表紙だけでなく、2006年から2008年までで写真集は「petit Amie」と「ハロリア」など4冊、他にもDVDやCD(シングル5枚、アルバム2枚)をリリースしていて、まさに衰え知らずの活躍でした。


スポンサードリンク

まだ拙い状態の日本語がかわいかったのですが、徐々に上達していく様子がファンにはわかるほどでした。

行く末は歴代最高のアイドルとして活躍し続けると思われたのですが・・・・・

2008年、まさかのデキ婚

自由の国アメリカの発想らしく、爆発的な人気の最中に、まさかの結婚をします。

相手は何と日本人!

*出典:ばら色の人生

スタイリストのBUN(ばん)さんという方でした。

リアディゾンが自分で報告した内容だと、当時、29歳、プロモーションビデオの撮影で一緒に仕事した人で、出会ってすぐに結婚を意識したそうです。

うむ。確かにイケメン。
キャップは少しダサいけど。

出来ちゃった結婚なのですが、あまりにも展開が早かったので、お互いのことをあまり知らないまま子供を作っちゃって、そのまま結婚したという感じになりました。

当然、ネット上では男性を批判する罵詈雑言で満ち溢れましたが、結果的に離婚してしまったので、正しい結婚ではなかったようですね。

2年2ヶ月でBUNさんと離婚

残念なことに2010年12月に離婚が成立。

結婚生活は2年2か月という短い期間でした。

しかし、リアディゾンは娘のことを溺愛しているので、自分自身と娘のことを考えての前向きな離婚だったようです。

離婚して、日本での仕事もしなくなりニューヨークに移住します。

その後はニューヨークで演劇を学びました。

そして、2012年に芸能活動を再開することが報じられます。

芸能活動再開も全然みなくなったリアディゾン。

爆発的な人気を博したグラビアアイドルで、
紅白歌合戦に出場していて、
まだ若い

のに、娘がいると言えど、なぜ現在はリアディゾンをみなくなったのでしょうか?

リアディゾン公式ブログより

本人は芸能活動を再開した後、ブログを開始しています。

2012年に活動再開したのですが、このブログの更新は2013ねんが最後。

今もまだブログは更新されていません。

ボートレース住之江でゲストで出演することを告知していたのが最後ですが、その後の仕事もあったはずなのに、なぜ急に更新しなくなったのでしょう。

2016年、8年ぶりでグラビア再開!!

2013年にブログの更新が止まり、芸能界を自然消滅する形で引退したと思われていたリアディゾンですが、2016年、週刊プレイボーイの46号で再びグラビアを披露します。

*画像出典:トレンドあんてな

撮影のカメラマンは8年前と全然変わらなくてびっくりしたそうです。

30歳の身体とは思えませんが、美貌とスタイルの良さはまだまだ健在ですね。

しかし、残念ながら、8年ぶりにグラビアを行った以降、日本での仕事は皆無。

知名度と実力、変わらない美しさを持っているのでニーズはあると思うのですが、本人にその気がないのでしょう。

あるのなら、ブログやSNSでの発信はあるはずですから。

「ポイしないでください」と、結婚報告する時にファンに言っていましたが、ファンは今現在ポイされたようなものですね。。。


スポンサードリンク

ちなみに、アメリカの方のサイトでもリアディゾンを探してみました。

Leah Donna Dizon(リア ドナ ディゾン)と言うのが本名だそうですが、同姓同名と偽のアカウントを使ったSNSなど全部チェックしましたけど、本人と思われる情報は何一つありませんでした。

芸能界に興味を持っていたアイドルだけに、今、芸能界を引いてアメリカで生活しているということは、新しいパートナーが見つかっている可能性が高いですね。

再婚の情報はありませんが、再婚するとなっても多分、ニュースには出回らないと思います。

可愛い娘さんと一緒に、元気で暮らしていて、日本のことを嫌いにならないでもらえると嬉しいですね。

今後もリアディゾンの情報が入り次第、更新します。