ジョイマン(高木と池谷)、悲惨な一発屋の現在2017

スポンサードリンク

ジョイマンとは

ボケ担当の高木晋哉とツッコミ担当の池谷和志の2003年に結成されたお笑いコンビ。

同じ中学校のバスケットボール部の二人で構成されたコンビで、あまり知られていませんが、「ひまわりの約束」などでヒットした秦基博も同じ同級生。
成人式で、高校中退した池谷と夢がなく当時早稲田大学の学生だった高木に、秦が「二人で組んだら?」と勧めて結成されたそうです。

高木はそのまま大学を中退しています。

2009年頃、彼らが20代後半の時にブレイクしました。

*出典:Youtube

(画質が悪いですが、ネタはしっかり聴き取れます。)

ネタとしては、ボケ担当の高木がラップを使ってネタを披露するところをやんわりツッコミ入れるというような芸風です。

いきなり出てきてゴッメ〜ンまことにすいまメ〜ン

普通に聞けばあまり面白くないですが、賛否両論ありながらも収録では確実に笑いを取っていたジョイマン。

いきなり出てきてごっめーん、まことにすいまめーん

ほかに

ななななーななななー

というリズミカルなギャグで、印象を残し続けてきましたが、話題にはなったものの一発ギャグでブレイクした反動で急に出なくなってしまいました。

アンガールズと共演

テレビでの露出が激減した後も一発屋芸人としてテレビに出たり、お笑い番組にゲストで呼ばれたりしました。

その中でも一番笑いを取ったのがこちら。

*出典:Youtube

ジョイマン高木とアンガールズ田中・山根が同じような体型をしているというのは以前から話題になっていて、爆笑レッドカーペットで共演が実現し、話題になるほど笑いをとりました。

2010年には見なくなってしまった

2008年にブレイクし、イロモネア、ロンハー、ぐるナイなど、超人気番組に出ずっぱりでしたが、2010年には遂に飽きられてしまいます。

2010年には「旬じゃない芸人」というコーナーで登場していたので、完全にここから衰退気味に。

UHA味覚糖などのCMにも出ていましたが、テレビCMも2010年以降はこれと言ってありません。

全盛期から現在の月収が10分の1に。

*出典:http://tubuyaki-burogu.com/1532.html

高木晋哉の年収は全盛期時代は150万円だったそうです。

月収で150万ですから、普通のサラリーマンの4倍くらい位ありますね。

しかし、現在の収入は10分の1以下になったことが分かっています。

一発屋芸人として名を轟かせていますが、ジョイマンの「じゃない方」である池谷はもっと悲惨です。

というのも、高木だけが売れ過ぎてしまい、ピンの仕事ばかり増えたらしく池谷は全盛期からの急降下はハンパなかったそうですよ。

ジョイマンが干された理由

単純にネタが単調だったということもありますが、他にも番組スタッフに対する態度が悪かったとの噂があります。


スポンサードリンク

あくまで噂ですけど。

池谷が高木ばかりピンで呼ばれることに対して怒ったりしたこともあったらしいです。

まぁ、コンビでやってるから池谷からすると納得いかないですよね。

*出典:http://shikujiri-matome.com/joyman/

しくじり先生という番組で売れなくなった理由などを語っていました。
詳しくは語りませんでしたが、簡潔に言うと、「一発屋」だったから次のネタが思い浮かばなかったということに尽きそうです。

あとは、高木が浮気現場をフライデーされたこともあるなど、調子に乗っていたとジョイマンの二人とも語っていました。

干されたというより、「新しいスターが次から次へと出てくる芸能界に順応できなかった」というのが正しそうですね。

現在のジョイマンは!?

現在、二人は以前ほどではありませんが、営業に呼ばれる程度だそうです。

基本的にすごく暇をしているそうですが、ツイッターを見るとそこまで暇ではなさそうですよ。

ただ、、、サイン会ではだれ一人来ないという奇跡を起こしています。

この日はYahoo!ニュースにもなりましたが、誰も来なかったそうです。ちなみに先着50名というのも有名人にしては少ないですよね。

この辺の自虐的なツイートもジョイマンらしくて面白いのですが。

ジョイマン池谷の現在

「じゃない方」芸人として売り出し中の池谷。

とくにこれと言った芸は持っていませんが、ジョイマンの高木じゃない方というだけで笑いがとれると、結局ここでも高木頼りになっていますが、実はかなり面白いです。

ツイッターを見ると面白いことばかり呟いているのがわかりますよー。

高木の結婚に対して「大事な時期なのに芸人としてどうなの?」と不満をもっていたようで、池谷はまだ独身らしいです。

もう大事な時期はとうに過ぎていますので、そろそろ結婚してもおかしくなさそうですね。

現在はイベントのMCをやったりabemaTVで出演するなど、ジョイマンとして高木と一緒に活動しています。

収入が激減したと言っても、まだ芸人を続けていることからもわかるように、月収数十万は軽く稼いでいるでしょう。

ジョイマン高木の現在

ブレイクした時から付き合っていた女性と2010年に結婚して、現在も仲良く夫婦生活を続けながら芸人をしています。

以前はピンの仕事が相方・池谷に比べて多かったですが、現在はイベントのMCやローカル番組などにジョイマンとして二人で呼ばれているようです。

また、高木はラップでブレイクしただけあって、現在のラップブームに乗ってツイッター上ではラップに関することを呟いています。

(漢a.k.a GAMIのヒップホップドリームを読んだことを呟いたりなど・・・)

現在の収入は月収6万円と、テレビで言っていましたが、営業などを含めると全然それよりも稼いでいますね。

しくじり先生でも「今は激ヒマ」と言っていたけど、忙しい時期に比べたら・・という意味で、普通に稼いでいます。


スポンサードリンク

一発屋でも多くの日本人が知っているような芸能人なら何かしら仕事はあるはずです。

これからもジョイマンが現在のラップブームにあやかるか、新しいネタを考えるか、どちらにしても芸人の中でもかなり面白い二人なので、またブレイクしてほしいですね。