ケイト・ウィンスレット(タイタニックのヒロイン・ローズ)の現在2017

タイタニックのヒロインに22歳にして抜擢され、アカデミー主演女優賞にノミネートされた大女優。
ケイト・ウィンスレットは2017年現在でもう42歳になってしまうのだが、タイタニック以降、数々の映画で活躍してきた。
タイタニックで日本でも有名になった”ローズ”ことケイト・ウィンスレットの現在を追った。

スポンサードリンク

ケイト・ウィンスレットが19歳で映画デビューするまで

本名は「ケイト・エリザベス・ウィンスレット」。

イギリスの女王っぽい名前ですが、実はケイトはイギリス人です。

あまり知られていませんけど、アメリカ人はケイトがイギリス人であることを普通に知っているようですね。

骨格が太くて子供の頃はいじめられた経験があったそうで、大人になって女性らしい体つきになり10代後半でCMやイギリスのテレビドラマに出演するようになりました。

Redroofs Theatre School(レッドルーフ・シアタースクール)という演劇の学校に11歳から入り、16歳まで演劇を学んだケイト。
その学校はイギリスの南東部、バークシャー地方の「メイデンヘッド」という小さな町にある演劇学校なのですが、イギリスの俳優・女優たちを多く輩出している学校だそうです。

とにかく、子供の頃から演劇を学び続けて19歳でイギリス映画でデビューし、20歳になる頃には英国アカデミー賞で助演女優賞を獲得するなど、現在ではあまり考えられない素晴らしい経歴を10代で培っていきました。

そして、1997年にジェームズ・キャメロンが監督、脚本、製作を担当する「タイタニック」が公開され、世界中にケイトウィンスレットの名前が知れ渡ります。

ケイト・ウィンスレットのタイタニックでの評価

出典:アマゾン

タイタニックはイギリスとアメリカを結ぶ豪華客船。

ケイトの演じたローズは、イギリスの上流階級の令嬢。

イギリス人で演技力があり、若くて令嬢と呼べるような気品のある顔だちのケイト・ウィンスレットはローズ役にピッタリでした。

タイタニックの劇中のローズ(ケイト)は、喜怒哀楽を全て表現しています。

それでありながら、上流階級の令嬢であるという難しい役柄なんですが、本当に見事な演技力でした。

タイタニックでは1998年のアカデミー主演女優賞にノミネートされています。
(ちなみに、主演女優賞を受賞したのは「恋愛小説家」のヒロインを演じた「ヘレン・ハント」)

主役のジャック・ドーソンを演じたレオナルド・ディカプリオはアカデミー主演男優賞にノミネートされていませんでしたので、ケイトの演技力が如何に光っていたか分かりますよね。

あと、タイタニックの劇中でローズがヌードのデッサンのモデルになるシーンがありますが、あれは監督のジェームズ・キャメロンが描いたというのは有名な話。

ただ、キャメロンはケイトに裸になることをお願いできなかったみたいで、実際は水着でのデッサンだったそうですよ。

結局、映画では見えちゃいましたけど。


スポンサードリンク

タイタニックで世界的大女優に。その後の作品など

タイタニックで絶大な評価と知名度を得たケイト・ウィンスレット。

その後はギャラも跳ね上がり、いろんな有名映画で主演を務めました。

出典:アマゾン

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた回数はタイタニックも含めてなんと4回!!
そのうち1回で受賞しているのですが、主演女優賞にノミネートされる回数が4回って、演技力はもちろん、主演女優した回数も多くないと。。

助演女優賞も何度もノミネートされているし、英国アカデミー賞も何度もノミネートされています。

とにかく、イングランド出身の女優で一番の大物と言っても過言ではないですね。

アカデミー賞・・・2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』

ゴールデングローブ賞・・・2008年度 主演女優賞 (ドラマ部門) 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
2011年度 主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』

英国アカデミー賞・・・2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』
2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』

ロサンゼルス映画批評家協会賞・・・2001年度 助演女優賞 『アイリス』

ロンドン映画批評家協会賞・・・2004年度 英国主演女優賞 『エターナル・サンシャイン』

ヨーロッパ映画賞・・・2001年度 観客賞 (女優賞) 『アイリス』
2009年度 女優賞 『愛を読むひと』

出典:Wikipedia

実は歌でCDも出していたケイト

日本ではほとんど知られていませんが、ケイト・ウィンスレットはクリスマスキャロルの主題歌でもある「What If?」というシングルを出しています。

イギリスでは6位、アイルランドでは1位を記録する売り上げを出しました。

オフィシャルでYoutubeにアップされていたので、どうぞ。

*出典:Youtube

いや、、、、うますぎてビックリしませんでしたか?

日本の芸能界は知名度だけで歌も売れますが、やはり海外は実力が高くないとケイト・ウィンスレットみたいに売れないでしょうね。

ちなみに、これで歌が上手いとバレてしまったケイトは、タイタニックのMy heart will go on(セリーヌ・ディオン)を歌ってくれってどこに行っても言われるようになったそう。

本人はタイタニックの呪縛として迷惑しているそうなので、たまたまケイト・ウィンスレットに会ってもタイタニックの話はしないようにしましょうね!

数々の交際と結婚、そして離婚

ケイトと一番最初に交際の噂が立ったのは、Stephen Tredre(ステファン・トレンドレ)。

Dark Seasonというテレビ番組で共演したのがきっかけで交際しています。

ステファンは34歳でガンで他界しましたが、亡くなるときにタイタニックが公開され大ヒットしたのは、ステファンの生前の祈りもあったのかもしれませんね。

その後は俳優のルーファス・シーウェルと交際の噂がありました。

タイタニックで共演したディカプリオとは親友どまり。

ケイトは異性の友情は性的感情が伴うと断言しますが、ディカプリオだけは別。と言って、現在も親友という間柄だそうです。

過去にはこの二人の交際の噂が何度もたちましたけど、やはりタイタニックのストーリーの延長を望んだ噂に過ぎませんでしたね。

で、1998年、タイタニックの公開から1年後に「グッバイ・モロッコ」という映画で助監督をしていたジム・スレアプレトンと結婚します。これが初婚。

*出典:Youtube

グッバイモロッコにはケイトも出演していたので、それがきっかけだったようですね。

結婚から11か月後の2000年10月に女の子を出産するも、翌年には離婚しちゃいました。

そして2003年に演出家・映画監督のサム・メンデスと2回目の結婚。これはそこそこ続きましたよ。

7年。

男の子を出産して、これでケイトの子供は二人目になりました。

2010年3月に離婚したものの、直後にモデルのルイス・ダウラーと交際します。でも、11月には破局が報じられたので、続かなかったみたいですね。

映画監督とか俳優ばかりだったのに、今度はモデル。ケイトはどういう人が好きなのか謎ですね。ディカプリオには恋をしなかったようだし。

で、そのあと、2012年、この時すでに37歳ですが、ネッド・ロックンロール氏と結婚して、子供も出産しています。

あの有名なヴァージングループの創業者の甥っ子にあたるそうなのですが、モデルの次は実業家。。。

わからないものですね。

現在のケイト・ウィンスレット。女優として現役!

現在はほとんどアメリカで女優としての仕事をしています。

夫のロックンロール氏がイギリスで超一流企業のヴァージングループの関係者ですから、イギリスに住んでいるのかと思いきや、現在出演している映画などはアメリカの作品ばかり。

と言っても全盛期ほどの出演はありません。

2016年はテレビドラマ1本と、映画に1本。

2015年はスティーブジョブズの半生を描いた映画にヒロインで出て、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされていましたが、ヒロイン級の出演はここ最近ではそれが最後です。

スティーブジョブズ公開のときの割と最近のケイト・ウィンスレットをどうぞ。

*出典:Youtube

私生活では離婚せず、ネッド・ロックンロール氏と今現在も家庭を持っているようです。

また、子供は3人。
(3人とも父親は違いますが、母親はケイト。)

本人の現在公開されている情報なども確認しましたが、今度は離婚せずにずっと続きそうですね!


スポンサードリンク

タイタニックほどの大作は今後、ケイト・ウィンスレットが出演することはないかもしれません。

ディカプリオとの恋愛も期待しましたが、タイタニックの続編があれば、またケイト・ウィンスレットに演じてもらいたいですね。

*出典:アマゾン