ジェンキンスさん(拉致被害者・曽我さんの夫)死去。生前の活動と素晴らしい人柄

スポンサードリンク

現在のジェンキンスさんは日本で幸せなのか?

テレビで連日放送されていた当時、ジェンキンスさんは笑顔をカメラに見せたことがありませんでした。

さすがは軍人だけに、冷静さを持っているようにも思いますが、暗い闇を抱えている印象がありましたね。

現在、ジェンキンスさんは日本での永住権を取得して暮らしていますが、希望通り、日本での生活ができていて幸せに過ごしていると思われます。

また、今後も余生を日本で暮らすとインタビューでも語っていました。

また、幼いころからバイク好きだったジェンキンスさん。

なんと、10年以上も前ですが、日本のバイク誌で表紙を飾っていました!

*画像出典:ライブドアニュース

現在から10年以上も前ですが、2007年には犬(ラブラードール)を飼い始め、徐々に日本の生活に馴染んでいったジェンキンスさん。

お土産屋さんでは片言の日本語と流ちょうな英語で対応しているそうですが、人一倍壮絶な人生を歩んできた元アメリカ兵に、「今が一番幸せだ」と思ってもらいたいですね。


スポンサードリンク

ところで、佐渡島のジェンキンスさんの職場はジェンキンスさんが看板で出迎えてくれるそうです。

*画像出典:フォートラベル

ジェンキンスさんがお土産屋さんにいないときは、「自宅にて充電中」

ジェンキンスさんが出勤しているときは、「お仕事中」と書いてあるそうです。

猫ひろしなどのブログにも登場していたし、ちょっとした有名人になっていますので、佐渡島に行く際は、お土産を買いに行くのもありかも。

2017年12月11日、ジェンキンスさん死去

2017年12月12日に突然の報道がありました。

12月11日、ジェンキンスさんは亡くなったとのこと。

享年77歳でした。

致死性不整脈ということで、突然死だったそうです。
12月11日に玄関先で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認されたそうです。

「あの人は今」運営事務局からも本当に心の奥からお悔やみを申し上げます。

ジェンキンスさんの人生を記事にするにあたり、ジェンキンスさんの人柄や辛い半生などを知っていたのでショックでなりません。

のこされた二人の娘さんはもちろん、奥さんの曽我ひとみさんの心中を察すると無念です。

曽我ひとみさんは「突然のことで何も考えられない」とのこと。

凄く仲の良い夫婦だったので曽我さんのショックも相当なものかと思います。メディアも規制してほしいですね。

ジェンキンスさんが日本と北朝鮮の拉致問題に対して影響した部分は大きく、日本国民として敬意を持ってお悔やみを申し上げます。


スポンサードリンク