織田無道、生ダラで霊能力者として活躍した住職の現在

以前、とんねるずの番組で「生でダラダラいかせて」という番組がありました。そこではとんねるずの二人が面白おかしく心霊現象をからかったり、本物の霊媒師を番組に呼んで除霊させたり笑いをとっていました。
現在は他界しましたが宜保愛子さんなどの霊媒師も出ていましたが、やはりインパクトが一番強かった霊媒師は、織田無道ですよね。
住職の織田無道が現在、どのようにしているのか、調べてみました。

スポンサードリンク

織田無道が霊媒師として住職になるまで

*画像出典:killy.biz

1952年生まれ。2017年で65歳になる神奈川県出身の住職です。

神奈川県の厚木市で住職の子供として生を受けたその男の子は「織田礼介」と名付けられました。

その後、現在知れ渡っている「織田無道」という名前に改名するのは、大学を卒業したとき

帝京大学の法学部を卒業しています。
(現在の帝京大学法学部の偏差値は最新の発表で35~40程度)

宗教家と言えば文学部などが多いイメージですが、織田無道は子供の頃から暴れん坊だったそうで、とにかく勉強はしなかったそうです。

無事に大学を卒業して住職となり、礼介から無道に改名しましたが、無事に住職となったものの厚木の圓光寺というお寺はそれまで50年間誰も住んでないお寺でした。

住職になってからも遊び癖もそのまま、いろんな武勇伝を作ってきましたが、表向きはそうであっても実際に住職になったころは相当な苦労があったそうですね。

ちなみに柔道2段、空手は3段を所有。いろんな武道も習得している陰で努力するタイプです。

*画像出典:Biglobe (全日本格斗打撃選手権大会2006年のブログから)

霊媒師としてのテレビ出演

とんねるずの生でダラダラいかせて(通称・生ダラ)という番組で宜保愛子などと一緒に霊媒師として登場しました。

宜保愛子は石橋貴明に「イボ愛子」という名前で大きなイボを付けて物まねをされていたのは今の30代~40代にはまだ記憶に新しいんじゃないでしょうか。

織田無道は石橋貴明に「和尚!」と言われてからかわれたこともありましたが、いつも真剣に霊能力者としてテレビ出演をしていただけに織田無道はシュールに返してましたね。

*画像出典:Naverまとめ

「この者に宿る邪悪なる魂よ!出ていけ!」といって悪霊に喝を入れていましたが、悪霊も恐れをなして逃げ出したくなるほど、迫力のある住職でした。

とんねるずには笑いにされていましたが・・・。

「おっじゃがじゃがじゃが~~おじゃが池!」と石橋貴明が霊能スポットをからかうのは、当時のテレビっ子は怖いものも笑いにする楽しさなどを知る番組でしたから、ある意味いい番組でしたよね。

とにかく破天荒だった織田無道の数々の伝説!

2014年に雑誌のインタビューで破天荒なこれまでを語っていました。

聞けば聞くほど織田無道のイメージが・・・

*画像出典:Naverまとめ

とにかく織田無道は「僧侶として型破りな性格」と「破天荒な性格」として知られています。

霊能者としてはホンモノなのかもしれませんが、私生活はすごかったそうです。

テレビに出演していた当時は「ちょっとテレビに出すぎた。」と現在は思っているそうなんですけど、女性にもモテモテで夜遊びも結構しまくっていたそうなんです。

カウンタックに乗っていた僧侶なんて、織田無道だけです。

本人も「僧侶の禁忌は全て破った」と語っているそうで、霊界に通じる人物だからこそやっていいことは自分で判断できたのでしょう。

女性としても、こんな大物に誘われたら色んな意味で断れないですよね。


スポンサードリンク

2002年に虚偽の登記を行い織田無道が逮捕!?

この逮捕の噂は事実です。

お寺も経営があって、税金を払う義務はない。というのは有名な話ではありますが、登記などの必要書類もあり、税金を払わなくていいという特質上、悪いことに使う人が多いみたいです。

織田無道の逮捕された容疑は公正証書原本不実記載・同行使の容疑。

さらに暴力団関係者が事件に絡んでいたみたいです。

実は、この逮捕劇。現在も織田無道は冤罪と言っています

どうやら本人が言うところによると「会ったこともない人に名前を使われて容疑を着せられた」とのこと。

本人は自信を持っていて、さらに裁判官には「あなたは霊界に通ずるから、魂で会っていたんでしょ?」という訳の分かんないことまで言われたそうです。

上告しても「執行猶予付けるからとにかく有罪で」という流れになったみたいなんですが、ちょっと信じられないですよね。

本人は信じられないだろうけど、これ事実で冤罪で逮捕されたと言ってインタビューでは笑いながら答えていたそうです。

やはり大物ですね。

2007年に格闘技イベント開催!!

無道スピリットと呼ばれる格闘技のイベントを開催したのは2007年のことでした。

*画像出典:http://www.geocities.jp/silverchoper/kako/200709.html

とにかく派手なイベントだったそうです。

演武に始まり、ダンスやロックの演奏会など・・・

当時は格闘技ブームに陰りが見え始めたころで、それでも格闘技マニアにとっては新鮮で面白いイベントになったようです。

反響はすごくよかったという評価がネット上にもたくさんありました。

ですが・・・

そこそこ有名選手を呼んだにもかかわらず、選手へのファイトマネーの支払い問題が勃発。

織田無道本人はこの後に台湾やアメリカなどでも無道Spiritを行う予定でしたが、結局この一回だけで終了しました。

メディアでも取り上げられていたのに、非常にもったいないイベントでしたね。

現在は養殖ビジネス!?織田無道の今!

次のページでは現在の織田無道を徹底的に調査!

織田無道の今に迫る!


スポンサードリンク