城咲仁(元No.1ホストのタレント)の2017年現在

新宿歌舞伎町でNo.1ホストとして5年間も活躍し、最高年収が1億円を超えていたとされる城咲仁。
イケメンというだけでなくトーク力も冴えわたっていた城咲仁も近年はめっきり見なくなったが、そんな彼の現在を徹底的に追跡してみた。

スポンサードリンク

城咲仁とは?

m06-0077-060219_p*画像出典:ヤプログ!

1977年生まれ。

本名:岡山純一

東京都板橋区出身、B型。

新宿歌舞伎町のホスト「クラブ愛」で5年間もNo.1ホストに輝いていたホスト界のカリスマでした。

源氏名は「浅樹仁」と名乗っていましたが、28歳のころに突然ホストを引退してタレントになり、「城咲仁」に芸名を変更。(城崎仁ではありません)

あまり知られていませんが、歌手デビューもしています。(2006年)

じつは空手の有段者ということもあり、ホストの縦社会にも通ずるものがあったとか。
芸能界の縦社会も似たようなものですから、華やかな世界が向いたキャラクターだったのでしょう。

関係ないですが、猫ひろしと仲がいいのは有名ですね。

過去の城咲仁の活動

もちろん、元ホストとして活躍していたことからイケメンキャラとしてバラエティやドラマ、映画、舞台などで活躍していました。

出演した主なテレビ番組

・徹子の部屋

・笑っていいとも!

・ロンドンハーツ

・ネプリーグ

・クイズ!ヘキサゴン

・ぐるナイ

・ペケポン

・とんねるずのみなさんのおかげでした

・ダウンタウンDX

・タモリ倶楽部

・ぷっすま

など

とにかく、テレビ局関係なく、かなり多くの番組に出演していました。

元ホストとは思えない落ち着き、トーク力が評価されていたし、意外とカッコつけたイメージが少ないのも印象的でしたね。

テレビでタレント活動を行っている以外にも、舞台などもたくさん経験を積んでいます。

さらにはこういうビジネスも・・・

*画像出典:【楽天市場】 ショップ一覧

城咲仁が進んでやったのではないでしょうが、出版社が絡んでビジネスにしたのでしょう。

超モテ男のメールのテクニック、誘い方のテクニックは男女に関係なく気になるものですが、売れたのでしょうか・・・この辺は謎です。


スポンサードリンク

2014年・2015年の城咲仁はドラマに引っ張りだこだった!

あまり知られていませんが、一時期見なくなったものの、2014年以降は新・刑事吉永誠一などのドラマに結構出ていました。

土曜ワイド劇場や、水曜ミステリーなどのドラマ作品に少なくとも2年間で6つのドラマに出演!

人気俳優のレベルですよね。

ただ、2016年からは少なくなっていますが、2016年11月にはテレビ朝日の「ショカツの女11」に出演しているなど、俳優としてもまだまだ活躍中。

かなり頭が良くて空気が読める人らしく、知名度もあるので制作者側としても城咲仁は使いやすい人材であることには間違いなさそうです。

現在の城崎仁はフードアドバイザー!!

*画像出典:LAUGHY [ラフィ]

なかなか想像できないと思いますが、現在はフードアドバイザーとして活躍しています。

持っている資格

・薬膳インストラクター

・雑穀マイスター

・ジュニアスーパーフード

など

こんなに資格を持っているだけでもすごいとは思いますが、さらにトークの力も持っているので、料理番組には最適。

しかも女性がターゲットの料理番組だと、イケメンが出演してた方がいいし。

2010年には料理王という日テレ系の番組に出ていましたが、結構前から料理に関しては長けていたようです。

現在の城咲仁はフードアドバイザー兼、俳優兼、ミュージシャン

前述の通り、フードアドバイザーとして料理番組に出演しているほか、舞台では大沢樹生などの大物俳優と出演していたり、さらには個人のイベントでは弾き語りなどもやっています。

音楽ではあまり名前を聞きませんけど、俳優としては評価が非常に高いです。

ネットにある個人のブログでも「城咲仁の演技力は高い」という評価をたくさん確認できました。

顔もいい感じに歳をとっていますね。


*画像出典:SANCHANの日々精進

まだまだモテてるのでしょうか。

残念ながら未婚です。。

このルックスで話も上手で、さらにお金も持っているとなるとモテ過ぎて選べず、なかなか結婚に踏み切れないのでしょう。うらやましい。

お金は腐るほどホスト時代の蓄えや売れっ子時代の貯金があるでしょうから、何か自由に生活している感じですね。

城咲仁のブログでは現在の情報が常に更新されています。

更新頻度は高いです。気になる方はどうぞ。

城咲仁オフィシャルブログ「グラシアス」

ネット上には「干された」とか「一発屋」とかそういう事が書いてあり、さらに城咲仁本人も「転落人生」と自虐的に言っていますが、実はそんなことは全然ありません。

目立たないだけで、十分活躍している城咲仁の現在でした。


スポンサードリンク